新人研修でビジネスセミナーを行なおう【プロに指導を依頼】

研修を外部委託する

講義

メリットが多い

新入社員の教育において、研修は欠かせません。しかし、人事担当者が新入社員研修のすべてを準備するのは難しいものです。新入社員研修を外部の研修会社に委託することで、様々なメリットを得られます。まずは、担当者の準備工程が減るというものです。研修資料やツールの作成に限らず、時間配分も考えて研修は準備をしないといけません。資料作成に関しては、ゼロから始めるとなるとかなりの時間を有します。しかし外部委託することで、負担が減るのです。また、研修会社の講師は教えることのプロです。いくら人事担当者が自社の新入社員研修を行おうと思っても、教え方を学んできたわけではないでしょう。そのため、研修の質が下がる可能性が高いです。プロに依頼することで、効率の良い研修が行えるのです。他にも、外部の視点を取り入れることで、これまでは見えていなかった物が見えてくることもあります。社内に研修専門の部門がある場合は、研修のやり方は形式化されているため、それに則って行うことができます。しかし、一般的な方法や最新の動向とは遠くなってしまっている可能性もあります。そこで外部に委託することにより、視野を広げることにもつながるのです。新入社員研修を自社で行うためには、講師を育成しなければなりません。人材育成のためにさらに研修を必要とするなど、社内での講師育成には時間やコストがかかるものです。せっかく講師育成を行っても、その社員が教えることが得意になるとも限りません。しかし外部委託をすれば、教えるスキルを持った講師に研修をしてもらえるのです。このように、新入社員研修の外部委託にはメリットがあります。

Copyright© 2018 新人研修でビジネスセミナーを行なおう【プロに指導を依頼】 All Rights Reserved.